2011年11月10日

彩秋

111110yoshida_autumncolour.jpg

 紅葉の季節が来ると、花見の時同様じっとしていられないのは日本人の遺伝子だろうか。普段見慣れた里山の見事な変身ぶりが、次々と私の目を奪う。どこにその美しさの秘密があるのだろう。よく見ると、同じような色にみえても実際は微妙に違う様々な色が含まれていることに気付く。山の上の方が、深い色合いになっている。暗い色があって始めて、鮮やかな色がよりいっそう輝く。落葉広葉樹の雑木の紅葉と、杉檜の常緑とが混じり合っているのが、日本の里山の特徴かもしれない……そんなこんなを考えながら、注意深く色を重ねていく。
posted by kazumim at 00:00| Comment(1) | TrackBack(0) | 飛騨
この記事へのコメント
紅葉の美しさの秘密は紅葉の赤と針葉樹の緑との補色関係にあると思っていましたが、明暗のコントラストにもあるのですね。そういえば雲の陰が針葉樹だけを覆ったりすると、紅葉がより鮮やかに見えますね。
大阪も少しずつ紅葉が進んできましたが、今年もあまり鮮やかではありません。夏の日照は充分に有ったのですが、なかなか寒くならなかったのが原因なのでしょう。このところようやく冷え込んできました。
Posted by ヒデアキ at 2011年11月24日 21:47
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/50883426
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック