2011年10月24日

紙漉きの里(飛騨市河合町有家)

20111029shimizu'skouzo.jpg

奥飛騨の紙漉きの里はもうすぐ楮の収穫期を迎える。今はもう2軒のみとなった紙漉き職人の家のひとつ、清水さんの家を訪ねた。昨冬、NHKテレビの取材があって、その番組放映について知らせてもらって以来、ご無沙汰していた。いつもにこやかに迎えてくれる。取材が大変だった話、今年の楮の育ち具合の話、いろいろつもる話を聞かせてくれる。でも心得ておられて、描いている間は上手く距離を保ってくれている。11月に入り、葉が殆ど落ちたら刈り取り、皮剥きと、いよいよ紙漉きの工程が始まる。
帰り際、自家製のゴーヤの佃煮をおみやげにくれた。
タグ:山中和紙
posted by kazumim at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 飛騨
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/50066504
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック