2010年09月19日

常蓮寺

20100919jorenji.jpg

飛騨市神岡町吉田常蓮寺。アトラス飛騨および飛騨市観光サイトによると、
『吉田常蓮寺(龍洞山太子堂常蓮寺)
 元亨3年願智房永承により開基された浄土真宗本願寺派の古刹。「聖徳太子御自作十六歳御木像」がまつられている。境内周辺には県天然記念物の「身隠し杉」や市重要文化財の山門、市天然記念物の銀杏「お葉つき銀杏」などがあり、毎年7月24日には『太子踊り』が開催される。』などとある。
 この寺とその周辺だけで、どれだけでも絵になる風景は見つかるのだが、いつ来ても気になってしまうのが、この、本堂と庫裏を結ぶ渡り廊下。やっぱり気になるところを置いてはおけないので、ここから描くことにした。
posted by kazumim at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 神岡