2008年10月21日

未完の城(飛騨市神岡町)

081021wonderhouse.jpg

役場の周りはこれまでの神岡探訪から抜けていた場所だった。
ある日何の気なしに歩いてみて驚く。5年前、神岡を歩きはじめた頃のわくわく感を思い出した。土地の段差、坂道、抜け道、重なり合う屋根・・・。そして城下の道でふと振り返った時、この家に出会った。
コンクリート打ち放しの何とも言い様のないその外観は、圧倒的な存在感を持って目の中に飛込んできた。ぐるっと周囲を廻る。飛び出した鉄筋や塗りかけの壁。どうやら作りかけらしいが、この先どう仕上げていくつもりだったのだろう。
住んでいる人に描かせてもらう許可を得る。お父さんがこの家を作りかけて途中で亡くなったのだと言う。今は93才のお母さんと住んでいるとか。「小学生が『幽霊屋敷』なんて言うんや。」と苦笑する。昔の神岡の話をして、人がどんどん出て行くと言いながらも「やっぱり生まれ育った町がいい。」と言う言葉にほっとする。
ガンバレ神岡。
posted by kazumim at 00:00| Comment(5) | TrackBack(0) | 神岡

2008年10月19日

バラが咲いた

081019bloomingrose.jpg

昨夜、家に帰ると玄関に置いた鉢のバラが咲いていた。
とても小さいけれど、ちゃんと、咲いた。
2年前、店で買った切り花の一つから根が出たので、鉢に移して育てていた。
その時の絵日記 )
細くて弱々しくて、でも少しずつ新しい葉も出て、この夏気がつくと蕾ができていた。

子供の頃流行った歌が口をついて出た。
♪バラが咲いた、バラが咲いた、真っ赤なバラが・・・・・♪
・・・よく咲いたね、ほんとに。

posted by kazumim at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) |